タイソンズコーナーにある山頭火に行った

山頭火というラーメン屋は日本で有名だが、それがアメリカのヴァージニア州にあるタイソンズコーナーというショッピングモールにもできた。昨年からずーっと行こうと思っていたが、バタバタしたり、生活リズムが整わなかったりして、なかなか行けなかったのだが、本日、意を決して行ってきた。例によって、深夜3時就寝、午後12時起床の生活を送っていて、家を出たのが午後3時ごろだった。規則正しい生活を送れる人がうらやまぴぃ。

タイソンズコーナーは車で20分くらいの所にあって、言ってみればすぐに行ける距離にあるのだが、中々行こうという気にならなかったのは、この生活リズムの悪さと冬の日の入りの早さである。家を3時に出ると2時間後にはもう暗くなっている。タイソンズコーナーまでは高速を乗らなくてはならないのだが、アメリカの高速道路は灯りが少なく、ちょっとスリルを感じるため、夜はあまり運転したくないのだ。休日のたびにタイソンズコーナーに行こうと思っては「もう暗くなるしやめとこう」と諦めて、それを1ヶ月以上は繰り返したと思う。

でも今日は「暗くてもいいから行こう」と思ったのだ。なぜだかはわからない。多分、諦めるのにも飽きたんだと思う。

山頭火はタイソンズコーナーにあると言っても、メトロの駅に近い一番メインのタイソンズコーナーとは逆サイドにある。地下鉄の駅から徒歩20分くらい歩かなくてはならない。往復だと40分だ。多分、車がないと厳しいと思う。

メリーランド州は現在、レストランのイートインを行っていないのだが、ヴァージニア州はOKなようだ。店内で食べることができた。

山頭火といえばこの梅干しの乗った塩ラーメンだろう。大学院生時代、何度セブンイレブンのこのカップ麺を食べたかわからない。これを食べるとあの頃の忌まわしい記憶が呼び戻される。

煮卵付き、大盛り(Large)で16ドルだった。お腹いっぱいになったし、アメリカのラーメン屋の中では比較的やすいようにも感じる。

味も普通に美味しかったと思う。ただ、気軽に行くには少し遠いかなぁ。家のそばにあれば足繁く通うと思う。

この日はリュックを買ったりランニングシューズを買ったり、自分には珍しく色々と買い物をした。この苦境がいつまで続くかわからないが、こうやってラーメンショップに行ったり、ランニングしたり、楽しめる範囲で楽しむ工夫はしようと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする